ホーム > 会社情報 > 沿革

沿革

昭和23年5月 東京都中央区銀座に創業。
昭和24年9月 初の教科書展示会に,小学校の音楽5点,高等学校の英作文法2点,計7点を出展。
昭和26年8月 千代田区神田神保町に移転。
昭和36年1月 二葉株式会社を合併して,業界第二の地位を占める。
昭和37年2月 学校教材用機器の製作・取次・販売を目的とする日本教材株式会社を設立。
昭和41年5月 学校用教材・文具・教育玩具分野への進出を目ざして,開発部を新設。
昭和47年5月 教育産業への一層の進出を図るため,出版部を「書籍部」に,開発部を「開発研究部」に発展改組し,一般図書はもとより,AV商品の開発製造などに着手。
昭和49年3月 数学教育の書籍・雑誌の出版,その他教材の製作・販売を目的に株式会社新数社を設立。
平成元年9月 新社マーク,新社名ロゴスタート。
平成11年4月 関連会社 日本教材株式会社と株式会社新数社を統合し,日本教材システム株式会社とする。
平成14年4月 企業・団体による学習支援サイトの先駆けとなる「もの知りテーマパーク」を立ち上げる 。
平成14年7月 会社理念「なかよし宣言」を制定し,その一環として「地球となかよしメッセージ」作品コンクールを開始 。
平成17年6月 プライバシーマーク取得。
平成20年4月 「拡大教科書」発行開始。
平成20年12月 Z会,河合塾,教育出版による共同出資会社,株式会社ハピラル・テストソリューションズを設立。
平成23年4月 業界初の取り組みとして,中学校教科書(見本本)の製造から「グリーン電力」の使用を開始。
平成23年4月 小学校「デジタル教科書」発行開始。翌年には中学校「デジタル教科書」を発行。
平成25年1月 民間企業として初めてCUD(カラーユニバーサルデザイン)の検証を行う認証機関となる。
平成26年5月 ミャンマー国初等教育カリキュラム改定プロジェクトへの技術支援に参画。
平成29年6月 プライバシーマーク,7回めの更新。
平成30年4月 小学校道徳教科書「はばたこう明日へ」を発行。