オオハクチョウ
【カモ科】

泳(およ)いでいる様子(ようす)

しょうかい

①見られる季節(きせつ)
秋~冬~春《冬鳥》
②見られる場所(ばしょ)
湖(みずうみ),ぬま,しつ原,水田
③大きさ
140 cm(くちばしの先からお羽の先まで)
④食べ物(もの)
水草や草の葉(は),根(ね),たね
⑤鳴き声
コォーッ

体のつくり

  • めすとおすは,同じような色をしている。
  • 全身(ぜんしん)が白くて,首が長い。
  • 上のくちばしは黄色く,先が黒い。下のくちばしは黒い。
  • あしは,黒くて短(みじか)い。
  • わかい鳥は,全身がうすいはい色をしている。

育(そだ)ちやくらし

  • かれ草,木のえだ,コケなどを直径(ちょっけい)2 m ,高さ 50 cm ほどに積み上げて巣(す)を作る。
  • 5 月から 6 月に,一度(いちど)に 3 ~ 5 このたまごを産(う)む。
  • めすがたまごをあたためて,約(やく)31 日でたまごから子がかえる。
  • たまごからかえった子は,親に守(まも)られながらすごす。9 月の後半にはよく飛(と)ぶようになり,10 月までには冬をこすための場所に親とともにわたっていく。
  • 冬をこすための場所では,湖や川でくらす。