オジロワシ
【タカ科】

空を飛(と)んでいる様子(ようす)

しょうかい

①見られる季節(きせつ)
北海道(ほっかいどう):一年中《りゅう鳥》
本州(ほんしゅう)~九州(きゅうしゅう):秋~冬~春《冬鳥》
②見られる場所(ばしょ)
海岸(かいがん),湖(みずうみ),ぬま
③大きさ
めす 95 cm ,
おす 80 cm(くちばしの先からお羽の先まで)
④食べ物(もの)
魚,鳥
⑤鳴き声
クワッ,クワッ

体のつくり

  • するどいくちばしと,えものをしっかりとつかめるつめがある。
  • 飛(と)ぶのがとくいで,かりの達人(たつじん)。
  • めすとおすは,同じような色をしている。
  • 全身(ぜんしん)が茶色で,おだけが白い。くちばしとあしは黄色い。

育(そだ)ちやくらし

  • 冬になると,木の上にえだを積(つ)み重(かさ)ねて巣作(すづく)りを始(はじ)める。
  • 3 月にたまごを産(う)む。
  • 4 ~ 5 月になると,たまごから子がかえる。
  • 子が小さい間は,親鳥がえさを口うつしであたえる。子が大きくなると,親鳥はえさを巣に置(お)くだけになる。これは,えさをとろうとして,子がこうげき的(てき)になるからだと考えられている。
  • 子は,6 ~ 7 月になると巣立つが,巣立ってから 1 ~ 2 か月間は親鳥からえさをもらう。
  • 水面(すいめん)近くを泳(およ)ぐ魚を,急(きゅう)こう下してあしでつかまえるほか,カモの仲間(なかま)やカラスなどをとることもある。また,ウサギやネズミなどの動物(どうぶつ)もつかまえることがある。