オナガガモ
【カモ科】

羽の色が変(か)わる前
食べ物(もの)をさがしている様子(ようす)

しょうかい

①見られる季節(きせつ)
秋~冬~春《冬鳥》
②見られる場所(ばしょ)
湖(みずうみ),ぬま,川,海岸(かいがん),公園の池
③大きさ
めす 53 cm ,
おす 75 cm(くちばしの先からお羽の先まで)
④食べ物(もの)
たね,水草,こん虫,エビなど
⑤鳴き声
プルッー プルッー

体のつくり

  • 9 月ごろは,めすもおすも同じような羽の色をしているが,冬になるにつれて,おすの羽の色が変(か)わってくる。
  • おすはチョコレート色の頭で,むねの白い色が目だつ。中央(ちゅうおう)2 まいのお羽が長くのびていて,これが名前のもとになっている。一方,めすは全身(ぜんしん)が黒っぽい茶色をしている。

育(そだ)ちやくらし

  • 秋になると,日本にわたってきて,冬をこす。
  • つがいになると,巣(す)の場所をさがし始(はじ)める。巣は,水辺(みずべ)から数 km はなれた,かわいた場所が多い。
  • 1 日 1 こずつたまごを産(う)み,全部(ぜんぶ)でだいたい9 こぐらい産む。
  • 子がかえるまでの約(やく) 21 日間,めすがたまごをあたためる。
  • 水面(すいめん)にうかんだ食べ物だけでなく,さか立ちして長い首をのばし,水の中の食べ物も食べる。
  • 都市(とし)公園の池や,水鳥のえづけをしている湖やぬまなどに多くいる。
  • 春になると,日本をはなれて,すずしい北の国へとわたっていく。