スズメ
【ハタオリドリ科】

えだにとまっている様子(ようす)

しょうかい

①見られる季節(きせつ)
一年中《りゅう鳥》
②見られる場所(ばしょ)
人家の周(まわ)り,農地(のうち)
③大きさ
14.5 cm(くちばしの先からお羽の先まで)
④食べ物(もの)
たね,こん虫
⑤鳴き声
チュン,チュン

体のつくり

  • めすとおすは,同じような色をしている。
  • 頭からせなかが茶色っぽく,のどからはらにかけて白く,ほおとのどには黒いもようがある。
  • 茶色っぽい羽には黒と白のもようがある。

育(そだ)ちやくらし

  • 人の住(す)んでいる場所を好(この)み,人家の屋根(やね)のすき間などに巣(す)を作る。
  • 4 ~ 8 月に 2 ~ 3 回たまごを産(う)み,12 日ほどでたまごから子がかえる。
  • たまごからかえった子を育てる間は,めすとおすがつがいでくらし,巣立ったあと 10 日ぐらいは親が子にえさをあたえる。
  • 木の上や地上で,たねやこん虫などを食べる。
  • 秋から冬には,仲間(なかま)がたくさん集(あつ)まってヨシ原やタケやぶなどに住みつくこともある。