ウグイス
【ウグイス科】

えだにとまっている様子(ようす)

しょうかい

①見られる季節(きせつ)
北海道(ほっかいどう):春~夏~秋《夏鳥》
本州(ほんしゅう)~九州(きゅうしゅう):一年中《りゅう鳥》
②見られる場所(ばしょ)
林,家の周(まわ)り
③大きさ
めす 14 cm ぐらい,
おす 15.5 cm ぐらい(くちばしの先からお羽の先まで)
④食べ物(もの)
こん虫,クモ
⑤鳴き声
ホーホケキョ(さえずり)
チャッ,チャッ(地鳴き)

体のつくり

  • めすとおすは,同じような色をしている。
  • せなかが黄色っぽい茶色で,はらが白い。目の上に白い線がある。

育(そだ)ちやくらし

  • 夏は,高い山から低(ひく)い山までの,ササやぶのある林につがいですみ,ササのかれ葉(は)を使(つか)って球形(きゅうけい)の巣(す)を作る。
  • 一度(いちど)に 4 ~ 6 このたまごを産(う)む。
  • 親は,巣の中で 16 日ほどたまごをあたため,子がかえったあとは 14 日ほどかけて子を育てる。
  • 冬は平地(へいち)におりてきて 1 羽ずつササやぶの中でくらす。
  • ササやぶの中でえさをとり,あまり木の上の方にはいない。こん虫のほか,じゅくしたカキなども食べる。