カブトムシ
【コガネムシ科】

成虫(せいちゅう)
よう虫
さなぎ

しょうかい

①成虫(せいちゅう)が見られる季節(きせつ)
夏( 6 ~ 8 月)
②見られる場所(ばしょ)
クヌギのある林など
③大きさ
32 ~ 53 mm(頭の先からはらの先まで,角をのぞく)
④食べ物(もの)
成虫:クヌギなどのじゅえき,くさった果物
よう虫:たいひなどのくさった植物(しょくぶつ)
⑤鳴き声
(鳴かない)

体のつくり

  • 成虫は,全体的(ぜんたいてき)に大きくてずんぐりしている。おすには,頭に大きい角があり,ふつう先が4つに分かれている。また,むねにも2つに分かれた小さい角がある。めすには,角がない。おすは体が黒っぽいか赤茶色っぽい。めすは体が茶色っぽくて,全体に短(みじか)い毛が生えている。おすもめすも,あしにはじょうぶなかぎづめがある。
  • たまごは,白くて,初(はじ)めは大きさが 3 mm ぐらいの少し細長い形をしているが,時間がたつと大きさが 5 mm ぐらいになって丸くなる。
  • よう虫は,白くて,頭が茶色をしている。体がC字形に曲(ま)がり,体の横(よこ)に茶色の点がならぶ。1 れいよう虫の大きさは 10 mm に満(み)たないが,終(しゅう)れいよう虫の大きさは 100 mm ぐらいになる。
  • さなぎは,茶色で,はねの短(みじか)い成虫のような形をしている。おすには角ができている。

育(そだ)ちやくらし

  • 夏に,たまごが土の中に産(う)みつけられる。たまごからかえったよう虫は,たいひなどのくさった植物を食べ,2 回皮(かわ)をぬいで終(しゅう)れいよう虫になり,終れいよう虫のすがたで冬をこす。冬をこした終れいよう虫は,春になると,土の中でさなぎになり,成虫になってしばらくして,土の中から出てくる。
  • 成虫が見られるのは 6 ~ 8 月ごろ。クヌギのある林などにいて,昼間はあまり活動(かつどう)しない。夜になると,クヌギやコナラなどのじゅえきに集(あつ)まる。