キアゲハ
【アゲハチョウ科】

成虫(せいちゅう)

しょうかい

①成虫(せいちゅう)が見られる季節(きせつ)
春~夏~秋( 3 ~ 10 月)
②見られる場所(ばしょ)
平地の草地や人家,高山の草原
③大きさ
40 ~ 65 mm(前ばねのつけ根(ね)から先まで)
④食べ物(もの)
成虫:花のみつ
よう虫:ニンジンやパセリ,ハナウドなどの葉(は)
⑤鳴き声
(鳴かない)

体のつくり

  • 成虫は,全体(ぜんたい)が黄色と黒で,後ろばねに青やオレンジ色のもようがある。
  • 春に見られる成虫よりも,夏に見られる成虫のほうが大きい。
  • アゲハとキアゲハの成虫はよくにている。アゲハは前ばねのつけ根がしまもようになっているが,キアゲハは黒くなっている。
  • たまごは,うすい黄色で,大きさが 1 mmぐらいの丸い玉のような形をしている。
  • よう虫は,3れいよう虫までは鳥のふんのような黒っぽいまだらもようで,4 れいよう虫は白い地に黄色と黒のもようのあるすがたになり,終(しゅう)れいよう虫は黄緑(きみどり)色と黒のしまもようになる。
  • さなぎは,だいたい 3 cm ぐらいで,さなぎになる場所や季節などによって,緑色になったり,茶色になったりする。

育(そだ)ちやくらし

  • たまごはニンジンやセロリなどに産(う)みつけられて,たまごからかえったよう虫はそれらの葉を食べる。1 れいよう虫は 4 回皮(かわ)をぬいで終れいよう虫になったあと,さなぎになり,成虫になる。
  • 秋にたまごからかえったよう虫は,多くがさなぎのすがたで冬をこして,春に成虫になる。
  • 成虫が見られるのは 3 ~ 10 月ごろ。平地から高地までの明るい草原でよく見られ,花のみつをすう。
  • よう虫は,身(み)を守(まも)るためにオレンジ色のくさい角を出すことがある。