ハス
【ハス科】

全体(ぜんたい)の様子(ようす)
実(み)

しょうかい

①花が見られる季節(きせつ)
夏( 7 ~ 8 月)
②花の大きさ
10 ~ 20 cm
③葉(は)の形
円い形
④全体(ぜんたい)の高さ
1 ~ 1.5 m
⑤見られる場所(ばしょ)
池,ぬま

体のつくり

  • 花は,白~あわいもも色で,何まいもの花びらが中心を取(と)りかこむようについている。
  • 葉は,直径(ちょっけい)が 40 cm くらいの大きさの円い形をしている。表面(ひょうめん)は水をはじく。
  • 実(み)は,黒くて,長さ 2 cmぐらいのだ円形をしている。花の中心の部分(ぶぶん)が大きくなって,そこにうまるようにできる。1 つのあなに 1 つの実が入っている。
  • ハスの実が入っている部分の形がハチの巣(す)ににていることから名前がつけられた。
  • ハスの太くなったくきは,レンコンとして食用にされる。

育(そだ)ち

  • たねから芽生(めば)えたり,土の中にあるくきから芽生えたりして,夏に花をさかせる。秋になると実がじゅくして,たねができる。
  • 水中のくきがこおらなければ,そのまま冬をこすことができる。
  • 早朝に花がさいて,昼には花がとじてしまう。スイレンとにているが,ハスの花は水面(すいめん)より高く上がってさき,スイレンの花は水面でさく。