カラスノエンドウ
【マメ科】

全体(ぜんたい)の様子(ようす)

しょうかい

①花が見られる季節(きせつ)
春~夏( 3 ~ 6 月)
②花の大きさ
10 ~ 15 mm
③葉(は)の形
はねの形
④全体(ぜんたい)の高さ
30 cm ~ 1 m
⑤見られる場所(ばしょ)
道ばたや公園,日当たりのよい所(ところ)

体のつくり

  • 花は,あかむらさき色で,葉のつけ根(ね)に 1 ~ 2 こついている。花びらは 5 まいあり,正面(しょうめん)から見て,いちばんうしろに大きな花びらが 1 まいある。
  • 葉は,8 ~ 16 この小さな葉が集(あつ)まって,羽の形をしている。葉の先のまきひげで,ほかのものにまきついて体をささえる。
  • 実(み)は,細長いさやになり,中に 10 こほどの黒いたねができる。

育(そだ)ち

  • 秋にたねから芽生(めば)えて,少し育ったすがたで冬をこし,春になると花をさかせる。
  • 実がカラスのように真(ま)っ黒にじゅくすことから名前がつけられた。