メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

ホーム > 英語 > 内容の特色 > 2 先生が指導しやすい教科書です

2 先生が指導しやすい教科書です

1 活動をイメージしやすく,評価もしやすい紙面

わかりやすいイラストを多用,授業を通した評価もしやすく
指導のイメージがつかみやすいように,活動の様子を表現したわかりやすいイラストを使用しています。
また,指導と評価の一体化を目ざし,授業を進めながら評価がしやすい工夫をしています。

イラストで伝わる活動紹介

▲ 5年 Lesson 2「たんじょうびカレンダーをつくろう」(p.30)

やり取りや発表の様子が,先生にも子どもたちにも伝わりやすいイラストで示しています。

▲ 5年 Lesson 1(p. 18 -19)

英語を使う必然性を感じられるように,伝える相手として,外国人の方の姿を載せています。

5年の4単元,6年の全単元で,自己表現のためのワークシートを収録しています。

授業を通しての評価もしやすく

5年 単元前

▲ 5年 単元前(p.5)

学年の目標を冒頭に掲示。
各単元初めの目標と,単元末の3観点についての「ふりかえり表」で,子どもたちと目ざす姿を共有しながら,評価が行えます。

▲ 5年 Lesson 4「自由な一日の過ごし方を伝えよう」(p.47)

▲ 5年 Lesson 4 (p.55)

5年 Lesson 3「夢の時間わりをつくろう」

▲ 5年 Lesson 3「夢の時間わりをつくろう」(p.36)

線をつなぐ,記入するなど書き込み式の活動を多く設置。
児童の取り組みや理解度の見取りに役立ちます。

2 音声と文字をやさしく指導できます

短時間学習でも扱える,少しずつ慣れ親しめる
「読むこと」についての子どもの負担に配慮し,紙面に掲載する文字の分量を抑えています。
各単元末に音声と文字のコーナーを設け,短時間学習なども使って,文字に少しずつ慣れ親しめるようにしました。

アルファベットの文字を丁寧に学ぶ The Alphabet

▲ 5年 Lesson 1「 自己しょうかいをしよう」(p.23)

▲ 5年 Lesson 2「 たんじょう日カレンダーをつくろう」(p.32)

5年生前半では,復習も兼ねて,アルファベットの文字の読み方と形,書き方を丁寧に扱います。

アルファベットの音と文字を少しずつ学ぶ ジングルコーナー

▲ 5年 Lesson 1「自己しょうかいをしよう」(p.16-17)
猫のキャラクター

共通する音は何かな?

各学年の導入単元のパノラマ絵「Let's Start Together」, 巻末のアルファベット・ジングルとも連動しています。

音声と文字への気づきを促す Sounds and Letters

5年 Lesson 3「 夢の時間わりをつくろう」

▲ 5年 Lesson 3「 夢の時間わりをつくろう」(p.42)

5年生Lesson 3からは,日本語と英語の音声の聞き比べ,まぎらわしい発音の聞き分けなど,クイズ感覚の活動で気づきを促します。

常に参照できる アルファベット表とローマ字表

▲ 5年 Lesson 1(p. 18 -19)

▲ 5年 Lesson 1「 自己しょうかいをしよう」(p.23)

授業中にいつでも参照できるよう,折り込みにアルファベット表とローマ字表を付けています。

3 気づきと関わり合いを大切にした教科書です

関わり合いの中で,自尊感情を高め,対話的で深い学びを実現
コミュニケーションへの気づきを促し,学んだ知識や技能を生かしながら,思考や関わり合いが深まる活動を設定しています。
相手に配慮しながら,よりよい対話を作り上げる姿勢を培います。

気づきと思考を促すLet's Thinkコーナー

『We Can!』をさらに深めて,「考えてみよう」の活動を設置しました。
「聞き方」やリアクションの表現を扱うなか,言語や文化,コミュニケーションなどについて,気づきや思考を促す問いを設置し,考えを深める機会としています。

▲ 6年 Lesson8「将来の夢」(p.89)

聞き手としての姿勢やリアクションを大切に,コミュニケーションを行えるように配慮しています。

▲ 6年 Lesson6「世界で活やくするスポーツ選手」(p.68)

キャリア教育の視点から,スポーツ選手を支えるさまざまな職業に気づかせます。

自尊感情を高め,クラス全体で取り組む学級活動へ

ペアやグループで取り組むコミュニケーション活動,協力し合いながらの活動をたくさん盛り込みました。
自分との共通点や違い,友達の良い点に気づきながら,自尊感情を高めることや他者理解へとつながります。

▲ 5年 Lesson 5「みんなの『できること』を集めよう」(p.63)

5年 巻末ワークシート①

各ワークシートをまとめ,クラス全体の「できることの木」を作成する提案です。
自尊感情を高め,クラスのよりよい人間関係作りを促します。

※6年 Lesson8「将来の夢」ではクラスの「夢の気球」を作る活動があります(p. 91)