メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

ホーム > 国語 > 子どもたちの心がときめく表紙

子どもたちの心がときめく表紙

子どもたちの共感を得られるよう,子どもの心に寄り添う,それぞれの学年にふさわしい画風の画家が表紙絵を描きました。

言語コミュニケーションの具象として本や手紙を,子どもたちや風景全体を俯瞰するものの象徴として鳥を,統一的な題材として絵の中に描いています。

絵の背景に一つの物語を感じさせる,感性豊かな世界を表現しました。

低学年

自然の中,動物たちの世界と子どもがふれあうことで,二つの世界につながりが生まれます。さまざまな命が共に生きる世界への気づきにつながっていきます。

一年(上)

一年(下)

二年(上)

二年(下)

表紙絵 村田なつか http://natsuka.ciao.jp/

1990年生まれ。茨城県出身。森の生き物を題材にした水彩画が秀逸。絵の世界をもとにした雑貨デザインも行う。

中学年

身のまわりの事物と子どもたちが,ファンタジックな世界でふれあいます。親しい仲間に囲まれて,生き生きと躍動する子どもたちの世界が広がります。

三年(上)

三年(下)

四年(上)

四年(下)

表紙絵 泉 雅史 http://www.izumi-masashi.com/

1982年生まれ。東京都出身。文芸誌の挿絵,書籍の装画,パンフレットや年賀状の挿絵など,幅広く活躍。

高学年

異界や宇宙の存在を感じ,より広い世界とのつながりを期待させる舞台に,子どもたちが立っています。心の世界の投影でもある風景の中に,自分や友達など多くの人が生きていることを感じます。

五年(上)

五年(下)

六年(上)

六年(下)

表紙絵 げみ http://gemi333.com/

1989年生まれ。兵庫県出身。書籍の装画を中心に,広告やCDジャケットのイラストなどを多数手がけている。

どの絵も,子どもたちが「自分の大切な教科書」という愛着を覚える表紙となることを願って描かれています。