メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

ホーム > 算数 > 内容の特色 > 1 主体的・対話的で深い学びを実現する

1 主体的・対話的で深い学びを実現する

"問い"の連続でつくる数学的活動

深い学びは,"問い"をもつことから始まります。
問題発見・解決の過程を「はてな?⇒ なるほど!⇒だったら!?」のフキダシで示し,子どもの"問い"の連続で学習を進めていきます。

巻頭の学び方ページ「算数をはじめよう!」

▲ 6年p.2~5 算数をはじめよう!

"問い"の連続でつくる授業の流れ

▲ 6年p.23~28 分数と整数のかけ算,わり算

"問い"をもち,学び合うから,考えが深まる

単元のまとまりで学びを深める

きっかけ(単元導入)

単元導入では,身近な題材から算数の問題を発見し,目的意識をもって数学的活動に取り組めるようにしています。

▲ 2上p.22~23 たし算

学んだことを使おう(単元末)

単元末では,学習したことを日常場面に活用し,「何ができるようになったか」を実感します。

▲ 2上p.33 たし算

学びに向かう「きっかけ」をつくるさまざまな活動

予想する

▲ 4上p.108 垂直,平行と四角形
やってみる

▲ 3上p.118 円と球

話し合う

▲ 5年p.184 割合とグラフ
振り返る

▲ 6年p.22 分数と整数のかけ算,わり算

目的意識をもって取り組み,算数のよさを実感する