ホーム > 一般書籍・教材 > 一般書籍 > 学校・学級経営 > ながお先生と考える 学校安全36のナラティブ

ながお先生と考える 学校安全36のナラティブ

ながお先生表紙

ながお先生と考える 学校安全36のナラティブ

  • 長尾彰夫編
  • B5判 並製 168頁
  • 2013年6月 発行
  • ISBN 978-4-316-80387-6
  • 定価 (税込) 1,980円(本体 1,800円+税)
  • 読者対象:小・中学校教師

商品内容

子どもの安全って何だ?
教師が子どもの安全を守るには……?
――学校安全・安全教育を考えるヒントが満載!

子どもの安全をどう守るか,それが今,大きく問われています。学校・地域での取り組みなど,様々な経験に基づくナラティブ(語り)を通じて,学校安全・安全教育の考え方や方法を,読者とともに考えます。

目次

プロローグ/史跡の中に学校がある/注意一秒,けが一生/スリッパとIDカード/危ない! その携帯,危険とつながっていませんか?/「安全な公園」は「危険な公園」?/やっとできた地域と学校との合同防災訓練/「わるい人」とはどんな人?/「子どもの安全安心都市宣言」をつくる/私の地域安全マップの作り方・生かし方/やっぱり学校の限界を感じています/歩くんの話/学校でのけがや事故にどう対応するか/「いかのおすし」と「おはしも」/「交通ルール」さえ守っていれば安全なのか/休み時間に地震が起きたらどうしよう/避難訓練やるだけではダメ/いろいろな不審者対応訓練/IT機器の活用には安全が欠かせない/体験,活動を生かした学校の安全計画づくり/火災現場に「戻らない」は「正解」か/ごめんですんだら警察いらんわ/『命のバイスタンダー』の授業から/学校で命を落とさせるわけにはいかない/安全教育は「教科」となるのか/「釜石の奇跡」から学ぶことは/帰ってきたキャロリン/卒業アルバムいりません/武庫川大橋の向こうは世界が違う/『溺れかけた兄妹』を教材として/この町で生き続ける子どもたちとともに/リスク・マネジメントとしての学校安全/安全な学校づくりとしてのISSの可能性/高校における環境防災科の挑戦/防災安全教育のカリキュラムはこうして作る/学校安全,世界での取り組み/学校安全と大阪教育大学附属池田小学校事件/エピローグ

ご購入方法

ご購入希望の際は,お近くの書店にご注文下さい。
また,この本は,下記のオンライン書店でもご購入いただけます。
送料・お支払い方法等につきましては,各オンライン書店のホームページをご参照下さい。

  • 注文先リンク(amazon)
  • 注文先リンク(bk1)