ホーム > 一般書籍・教材 > 一般書籍 > 教育一般 > 対話型授業の理論と実践

対話型授業の理論と実践

9784316804422.jpg

対話型授業の理論と実践 深い思考を生起させる12の要件

  • 多田孝志(著)
  • 四六判 256頁
  • 2018年10月 発行
  • ISBN 978-4-316-80442-2
  • 定価 (税込) 2,420円(本体 2,200円+税)
  • 読者対象:教師

商品内容

一人一人の学習者が、対話をする喜びを存分に感得しつつ、自己の資質・能力を事実として伸長させる「対話型授業」を、どう実現するか。「深い思考を生起させる対話型授業の実践のための12の要件」を紹介しつつ説き明かす。

目次

第Ⅰ部 [理論編]対話型授業とは

 第1章 対話・対話型授業
  1 対話とは
   (1) 対話の概念
   (2) グローバル時代における対話
   (3) 対話力の段階
  2 対話型授業とは
   (1) 価値観のぶつかり合いによる教育
   (2) 深い思考力を育む対話型授業で重視すべき事項
   (3) 対話型授業の要件
 第2章 深い思考力
  1 深い思考力とは
   (1) 気づき・発見する力
   (2) 分類・整理
   (3) 探 究
   (4) 統合・総合力
   (5) 汎用・応用力
   (6) 継続力
  2 深い思考力の育成のために心得ておくべき事項
   (1) 多様性・ズレ・異見の活用
   (2) 思考力とは個別的なもの
   (3) 勇気と冒険心
   (4) 直観力
   (5) 省察・振り返りの重要性
  3 気づき・発見→分類・整理→探究→統合・総合→汎用・応用の
    プロセスの実践事例
 第3章 学びの構造
  1 子どもが生来持っているものの伸長
   (1) 感性の重視
   (2) 現場性と身体性の重視
  2 学びの基盤の醸成
   (1) 学びの技能
   (2) 広義な知的教養
  3 グローバル時代の人間形成に資する新たな学び
   (1) グローバル時代の人間形成に資する新たな学びのイメージ
   (2) グローバル時代の学びの要件
  4 学びの構造の三つの構成要素の関わり


第Ⅱ部 [実践編]深い思考を生起させる対話型授業の実践のための12の要件

 1 対話の活性化のための物的・人的な受容的雰囲気づくり
  【解説】
   (1) 受容的雰囲気の効果
   (2) 共創的な雰囲気づくり
  【実践事例】
   (1) 可視的工夫
   (2) 学習者の精神面への配慮
   (3) 授業開始時の工夫
   (4) 海洋校における総合的な環境づくり
  【発展】
   (1) 対話を重視するデンマークの教育
   (2) デンマーク在住の高橋まゆみ先生(仙台大学准教授)からのメール
 2 多様な意見・感覚・体験を持つ他者との対話機会の意図的設定
  【解説】
   (1) 東京大学での多様性を活用したチーム学習
   (2) 知性の疲労への挑戦――共創型対話の活用
  【実践事例】
   (1) 多様な視点からの環境整備
   (2) 長崎創楽堂のアートマネジメント事業
   (3) 院内学級の子どもたちと大学生との交流
  【発展】
 3 差違性の尊重、対立や異見の活用による思考の深まりや視野の広がり
  【解説】
   (1) 「漁民と農民の対立」
   (2) 「異」との出合い
  【実践事例】
   (1) 姫路市立東小学校の
     「多様性を生かして考えを積み重ねる対話」を核とした実践研究
   (2) 日本科学未来館の「生物多様性」をテーマにした協同探究学習
  【発展】
   (1) 新渡戸稲造に学ぶ
   (2) 対立・差異性を活用して思考を深めていく「知識構成型ジグソー法」
 4 自己内対話と他者との対話の往還による思考や視野の広がり
  【解説】
   (1) 自己内対話
   (2) 他者との対話
   (3) 自己内対話と他者との対話の往還の意義
  【実践事例】
   (1) 自己との対話と他者との対話の往還の意義を明確にした研究の基本構想
   (2) 対話型授業の具体的手立ての検討
   (3) 授業力向上のための手立て
  【発展】
 5 沈黙の時間の確保や、混沌・混乱の活用による思考の深化
  【解説】
   (1) 沈黙とは
   (2) 沈黙の機能
  【実践事例】
   (1) 五感の覚醒
   (2) 学習過程に「沈黙の時間」を位置付ける
   (3) スピーチにおける間(pause)
   (4) 対話における「沈黙」
  【発展】
 6 対話への主体的参加を促すための手立ての工夫
  【解説】
   (1) 学びの楽しさ
   (2) 個人的主体性と社会的主体性
   (3) 自立と主体性
  【実践事例】
   (1) 内面を豊かにする
   (2) 質問を考えさせる
   (3) 成功体験の蓄積
   (4) 少し高いハードルに挑戦させる
   (5) 切実感を持たせる
   (6) 本物に出合わせる
   (7) 既習事項を活用させる
   (8) 学びに火をつける
   (9) 世界一になった宮古島の高校生の当事者意識・主体性ある協働学習
   (10) 松江市立古江小学校の実践研究「子どもが主体的に学ぶのはどういうときか」
  【発展】
 7 グローバル時代の対話としての批判的思考力(critical thinking)の活用
  【解説】
   (1) 批判的思考とは
   (2) 高校生の国際交流にみる批判的思考の有用性
   (3) 創造の源としての批判的思考
  【実践事例】
   (1) 批判的思考力育成のための手立て
   (2) 小中連携学習
   (3) 創造的な音楽劇づくり
  【発展】
   (1) 発言する勇気
   (2) レジリエンス(resilience)
 8 非言語表現力の育成と活用
  【解説】
   (1) 非言語表現とは何か
   (2) 対話における非言語表現の有用性
  【実践事例】
   (1) 模倣の学習法
   (2) チーム作り
   (3) 世界の挨拶
   (4) ジェスチャー
   (5) 三つの場面の無言劇
   (6) 絵文字
  【発展】
   (1) 非現語表現についての様々な研究
   (2) 異文化理解と非言語表現
 9 他者の心情や立場への響感・イメージ力の錬磨と活用
  【解説】
   (1) ユネスコの世界大会で
   (2) 折戸えとなさんの生き方
  【実践事例】
   (1) 自然に触れ・自然に学ぶ
   (2) 氷を割る
   (3) 気づき・感じ・考える
   (4) 三行詩や励ましの短歌を作る
   (5) 文学作品を読む
  【発展】
   (1) ベロオリゾンテ補習授業校の「共創」意識が溢れる学校づくり
   (2) 詩をつくる
 10 聴く・話す・対話に関わるスキルなど、対話の基本技能であるスキルの習得
  【解説】
   (1) 子どもたちが語れないわけ
   (2) 授業におけるスキルの有用性
  【実践事例】
   (1) 構えを取る
   (2) ことばに親しむ
   (3) 聴く力を高める
   (4) 話す力を高める
   (5) 対話スキル
   (6) 論議を深める課題例
   (7) 神戸大学附属中等学校の「五つの力」
   (8) 瑞穂第五小学校の「ESDを通じて育みたい能力」とその活用
  【発展】
 11 思考の深化を継続させ、「深い思考力」を育むため工夫
  【解説】
   (1) 基礎的素養の涵養
   (2) 思考を深める要件の分析と、思考を深める条件の活用
   (3) 「本物」「事実」との出合い
   (4) 連携・つながりの活用
   (5) 協同学習を効果的に展開するための多様な対話方法の開発
  【実践事例】
   (1) 教師の揺さぶり
   (2) 思考の変化の可視化
   (3) 切実な課題の設定
   (4) 資料の活用
   (5) 既習事項の活用
   (6) 相互批評
  【発展】
 12 学習の振り返り・省察
  【解説】
   (1) 省察とは
   (2) 振り返り・省察の機能
   (3) 振り返り・省察の方法と時期
  【実践事例】
  【発展】


〈閑話休題〉対話の日常化・小さな工夫の大いなる成果
      教育実践の分析・考察方法
      「トビタテ!」に参加する高校生たち
      共創型対話学習研究所

ご購入方法

ご購入希望の際は,お近くの書店にご注文下さい。
また,この本は,下記のオンライン書店でもご購入いただけます。
送料・お支払い方法等につきましては,各オンライン書店のホームページをご参照下さい。

  • 注文先リンク(amazon)
  • 注文先リンク(kinokuniya)
  • 注文先リンク(bk1)