ホーム > 一般書籍・教材 > 一般書籍 > 学習指導 > 自ら問い続ける子どもを育てる授業

自ら問い続ける子どもを育てる授業

9784316804750.jpg

自ら問い続ける子どもを育てる授業 「問いたくなる」状況づくりと学び合い

  • 鹿毛雅治(監修)
  • 福岡教育大学附属小倉小学校(著)
  • B5判 168頁
  • 2019年2月 発行
  • ISBN 978-4-316-80475-0
  • 定価 (税込) 2,530円(本体 2,300円+税)
  • 読者対象:小学校教師

商品内容

子どもが「自分事」としての「問い」を見いだし「自ら問い続ける」授業は,どのように実現できるのか。各教科ごとの具体例を紹介。6年にわたる研究の集大成。

目次


Ⅰ 理論編

 1 なぜ,今「自ら問い続ける子どもを育てる授業」なのか
  1 これからの社会に求められていることから
  2 現代社会の課題から
 2 「自ら問い続ける子ども」とは
 3 「自ら問い続ける子どもを育てる授業づくり」のポイント
  1 状況づくり
  (1)学習材の開発
  (2)学習材との出会わせ方
  (3)単元展開の工夫
  2 学び合い
  (1)問いの焦点化
  (2)思考の可視化

Ⅱ 実践編

 1 国語科 第1学年「読むこと」
 2 国語科 第3学年「話すこと・聞くこと」
 3 社会科 第5学年「現代社会の仕組みや働きと人々の生活」
 4 算数科 第2学年「数と計算」
 5 算数科 第3学年「数と計算」
 6 理科 第4学年「粒子」
 7 生活科 第1学年「自分の成長」
 8 音楽科 第2学年「表現」
 9 図画工作科 第2学年「工作」
 10 家庭科 第5学年「日常の食事と調理の基礎」
 11 体育科 第1学年「ゲーム」
 12 体育科 第4学年「ゲーム」
 13 道徳科 第6学年「C 規則の尊重」
 14 総合的な学習の時間 第6学年「食」
 15 外国語活動 第3学年「話すこと【やり取り】」
 16 外国語科 第6学年「話すこと【発表】」
 17 学級活動 第6学年「心身ともに健康で安全な生活態度の形成」

Ⅲ 運営編

 1 研究発表会に向けた取組
  1 研究発表会における事務分掌について
  (1)研究発表会における担当について
  (2)主となる仕事内容及び研究行事と実施について
  2 研究行事について
  (1)単元検討会について
  (2)場面検討会について
  (3)指導案検討会について
  (4)板書検討会について
  3 授業協議会の在り方について
  (1)授業反省会について
  (2)授業リフレクションについて
 2 日常的な取組
  1 研究の基本方針について共通理解を図る場の設定
  2 共通指導事項の設定
  3 子ども同士の学ぶ場の設定

ご購入方法

ご購入希望の際は,お近くの書店にご注文下さい。
また,この本は,下記のオンライン書店でもご購入いただけます。
送料・お支払い方法等につきましては,各オンライン書店のホームページをご参照下さい。

  • 注文先リンク(amazon)
  • 注文先リンク(kinokuniya)
  • 注文先リンク(bk1)