ホーム > 一般書籍・教材 > 一般書籍 > 国語科 > 文学が教育にできること

文学が教育にできること

文学が教育にできること

文学が教育にできること ――「読むこと」の秘鑰 〈ひやく〉

  • 田中 実,須貝 千里編
  • A5判 並製,カバー装 352頁
  • 2012年3月 発行
  • ISBN 978-4-316-80325-8
  • 定価 (税込) 2,640円(本体 2,400円+税)
  • 読者対象:小学校・中学校・高等学校 教師,学生

商品内容

ポスト・ポストモダンの時代に文学が教育にできることとは?
「読むこと」の秘鑰(ひやく)が「夢の読者共同体」を作り出す。
〈第三項〉と〈語り〉をめぐる探究へ。

***

「秘鑰(ひやく)」とは,「秘密のカギ」という意味。

文学が教育にできることは何か。
教育が文学にできることは何か。
「国語教育研究」と「文学研究」の架け橋となる,現代の精鋭15人を論客に招き,
小・中・高の代表的な国語教科書教材15作品を論じます。

***

【執筆者】(掲載順・敬称略)

須貝千里,服部康喜,馬場重行,助川幸逸郎,山元隆春,
鎌田均,角谷有一,安藤宏,村上呂里,
丸山義昭,高野光男,小林幸夫,大塚美保,田中実,藤井省三

目次

芥川龍之介『蜘蛛の糸』
〈鈴木三重吉の呪い〉を超えて
   ――童話『蜘蛛の糸』の誕生   須貝 千里

あまんきみこ『おにたのぼうし』
『おにたのぼうし』の〈語り〉とプロット
   ――ポストモダンの入口と出口   服部 康喜

新美南吉『ごんぎつね』
『ごんぎつね』試論
   ――「物語」による共生   馬場 重行

今西祐行『一つの花』
「父」のいない楽土
   ――寓話として『一つの花』を読む   助川 幸逸郎

宮澤賢治『注文の多い料理店』
鏡のような物語/「紙くづのやうになつた」顔の語り手
   ――宮澤賢治『注文の多い料理店』論   山元 隆春

宮澤賢治『オツベルと象』
『オツベルと象』
   ――その語りを読む   鎌田 均

ヘルマン・ヘッセ『少年の日の思い出』
『少年の日の思い出』、その〈語り〉から深層の構造へ
   ――「光」と「闇」の交錯を通して見えてくる世界   角谷 有一

太宰治『走れメロス』
『走れメロス』   安藤 宏

魯迅『故郷』
『故郷』(魯迅)における二重映しの〈月〉の風景と〈無〉の思想   村上 呂里

芥川龍之介『羅生門』
芥川龍之介『羅生門』の語りをどう読むか   丸山 義昭

中島敦『山月記』
中島敦『山月記』の新しい「学習の手引き」に向けて
   ――「読むこと」の共通理解を形成するための前提条件   髙野 光男

夏目漱石『こゝろ』
既成認識と生成認識
   ――夏目漱石『こゝろ』における書くこと   小林 幸夫

森?外『舞姫』
豊太郎の母〈諫死〉説の再検討   大塚 美保

志賀直哉『城の崎にて』
近代小説の一極北
   ――志賀直哉『城の崎にて』の深層批評   田中 実

村上春樹『レキシントンの幽霊』
『レキシントンの幽霊』におけるアジア戦争の記憶
   ――村上春樹“デタッチメント”時代の終わりをめぐって   藤井 省三

ご購入方法

ご購入希望の際は,お近くの書店にご注文下さい。
また,この本は,下記のオンライン書店でもご購入いただけます。
送料・お支払い方法等につきましては,各オンライン書店のホームページをご参照下さい。

  • 注文先リンク(amazon)
  • 注文先リンク(kinokuniya)
  • 注文先リンク(bk1)