ホーム > 一般書籍・教材 > 一般書籍 > 国語科 > 文学の教材研究

文学の教材研究

文学教育の研究

文学の教材研究 ――〈読み〉のおもしろさを掘り起こす

  • 田近洵一,木下ひさし,笠井正信,中村龍一,牛山恵編
  • ことばと教育の会著
  • A5判 並製,カバー装 304頁
  • 2014年3月 発行
  • ISBN 978-4-316-80404-0
  • 定価 (税込) 2,640円(本体 2,400円+税)
  • 読者対象:小学校教師,学生

商品内容

〈読み〉は教室でつくられる。
教師の〈読み〉を出発点として,教材の可能性を発掘する。

***

小学校の国語の授業をするにあたって,迷いをもった経験はありませんか。
何を教えるのか。どのように教えるのか。
文学の〈読み〉の授業のつくり方を,具体的な教材をもとに紹介します。

***

【執筆者】(掲載順・敬称略)

田近洵一,笠井正信
野中三恵子,赤堀貴彦,伊藤あゆみ,神永裕昭
廣川加代子,佐藤久美子,坂本喜代子,橋本則子
中村龍一,牛山恵,木下ひさし,幸田国広
<対談>田近洵一×田中実/中村龍一(司会)

目次

まえがき ――〈読み〉の授業のために 木下ひさし

■序 〈読み〉のおもしろさを掘り起こす

文学の教材研究 ――子どもと〈読み〉を共有するために
田近洵一

文学の〈読み〉の授業づくり ――『竜(今江祥智)』を例に
笠井正信

■一 基礎としての教師の〈読み〉 ――教師も,まず読者である。

サーカスのライオン
生きることの意味を問う存在に変わる物語
野中三恵子

モチモチの木
見守り続ける「語り手」のもとで
赤堀貴彦

白いぼうし
小さなチョウの命の物語
伊藤あゆみ

川とノリオ
変わらぬものと変わるもの,そして変わり続けること
神永裕昭

■二 教師の〈読み〉から授業へ ――教師は,子どもとともに読む

きつねのおきゃくさま
《美しき虚勢》の物語
廣川加代子

ごんぎつね
幻像と現実の谷間
佐藤久美子

一つの花
小さな静寂はそのままにつながりを結ぶ物語
坂本喜代子

きつねの窓
小さな窓から見えるもの
橋本則子

■三 作品論から教材論へ ――究極の〈読み〉を求めて

のらねこ
愛に目覚めたのらねこの物語 ――童話『のらねこ』のおもしろさを引き出す
中村龍一

おにたのぼうし
神になった鬼の子 ――消滅に求めた生の尊厳
牛山恵

大造じいさんとがん
人間の側の物語として読む
木下ひさし

雪渡り
「狐は人を騙す」か? ――『雪渡り』教材研究における〈読み〉の条件
幸田国広

■対談 文学の〈読み〉の理論と教育 ――その接点を求めて
田近洵一×田中実 /中村龍一(司会)

一 文学の読みの課題は何か
二 「〈読み〉の原理」が解釈を生む
三 「物語+語り手の自己表出」の定義
四 他者と自己変容・自己倒壊
五 改めて読むことを問う
六 『きつねの窓』の作品価値・教材価値

あとがき ――ことばと教育の会の足跡と本書の試み 牛山恵

ご購入方法

ご購入希望の際は,お近くの書店にご注文下さい。
また,この本は,下記のオンライン書店でもご購入いただけます。
送料・お支払い方法等につきましては,各オンライン書店のホームページをご参照下さい。

  • 注文先リンク(amazon)
  • 注文先リンク(kinokuniya)
  • 注文先リンク(bk1)