ホーム > 一般書籍・教材 > 一般書籍 > 国語科 > 文学教育の転回

文学教育の転回

文学教育の転回

文学教育の転回

  • 丹藤博文著
  • A5判 並製,カバー装 240頁
  • 2014年3月 発行
  • ISBN 978-4-316-80402-6
  • 定価 (税込) 2,640円(本体 2,400円+税)
  • 読者対象:小学校・中学校・高等学校 教師,学生

商品内容

世界は言語でできている

***

ストーリーを追うだけの文学教育から脱却するには?
長く高等学校で教壇に立ち,
現在は大学で「先生のたまご」を指導する著者が,
今の国語教室を見つめ,文学教育を真っ向から論じる一冊。

自らの読みをぶつけることで,
読者に読みを問い,
読みと国語教室のあり方との関わりを問い,
文学教育そのものを考える。


目次

序説 ――言語ゲーム・他者・語り――


Ⅰ 読みの転回

1 『おてがみ』(アーノルド・ローベル)
――方法としてのユーモア――

2 『アレクサンダとぜんまいねずみ』(レオ・レオニ)
――テクストの行為性を求めて――

3 『注文の多い料理店』(宮沢賢治)
――第三の視線――

4 『高瀬舟』(森?外)
――読みの三角形――


Ⅱ 読みの再転回

1 『言葉の力』(池田晶子)
――語りえぬものについては,沈黙してはならない。――

2 『少年の日の思い出』(ヘルマン・ヘッセ)
――語ること/語られること――

3 『走れメロス』(太宰治)
――教材失格――

4 『故郷』(魯迅)
――地上の道のようなもの――


Ⅲ 言語論的転回以後の読みの教育

1  この教室に〈言葉〉はありますか?

2 〈死者〉の言葉 ――文学教育の(不)可能性を問う――

3  読みの教育と文学理論

4  テクストの〈外部〉

ご購入方法

ご購入希望の際は,お近くの書店にご注文下さい。
また,この本は,下記のオンライン書店でもご購入いただけます。
送料・お支払い方法等につきましては,各オンライン書店のホームページをご参照下さい。

  • 注文先リンク(amazon)
  • 注文先リンク(kinokuniya)
  • 注文先リンク(bk1)