ホーム > 一般書籍・教材 > 一般書籍 > 理科 > なぜクラス中がどんどん理科を得意になるのか

なぜクラス中がどんどん理科を得意になるのか

rika6.jpg

なぜクラス中がどんどん理科を得意になるのか 改訂・全部見せます小6理科授業

  • 大前暁政著
  • A5判 並製・カバー装 208頁
  • 2020.3.22 発行
  • ISBN 978-4-316-80494-1
  • 定価 (税込) 2,200円(本体 2,000円+税)
  • 読者対象:小学校教師

商品内容

小6の理科授業,1年分まるごとお見せします。

確かな力をつけさせたい6年。実感を伴った理解が,理科の得意な子どもを育てる。
酸素50%二酸化炭素50%の人口空気の中でろうそくはどう燃えるかを実験?! 児童の好奇心を刺激する授業。

課題,発問,児童とのやりとり,実験や観察の方法,児童ノート例などをつぶさに紹介。
授業づくりの舞台裏も大公開しました。
単元ごとの「指導計画」「習得させたい知識」「習得させたい技能」「指導計画」もしっかりおさえています。

明日の授業ですぐに使える工夫が満載。
新学習指導要領対応。

大前暁政先生のオフィシャルウェブサイトはこちら!
↓↓
<大前暁政の教育>
http://akimasa.s1007.xrea.com/

目次

Ⅰ 生き物の住む星・地球
単元のはじめに
第1時 植物の増え方を知る
第2時 人が生きていくために必要なものを考える
第3時 地球と他の星を比べる
第4時 生き物とは何かを考える

Ⅱ ものの燃え方と空気
単元のはじめに
第1~2時 マッチを使って木を燃やそう
第3~4時 ろうそくの炎に瓶をかぶせるとどう燃えるか
第5時 空気の中でものを燃やすはたらきがあるのはどの気体か
第6~7時 ものが燃えたあとの空気はもとの空気と同じか
第8時 ものが燃えたあと酸素はどれぐらい減っているか
第9時 ものが燃えたあとの空気でものは燃えるか
第10時 学習したことをノートにまとめる

Ⅲ 動物のからだのはたらき
単元のはじめに
第1時 動物が生きるために何を取り入れなくてはならないか
第2時 吐き出した空気は最初の空気とどう違うか
第3時 吸った空気は体のどこに入るのか
第4時 食べ物のゆくえを調べる
第5時 食べ物の消化を調べる
第6時 消化のはたらきをまとめる
第7時 心臓のはたらきを調べる
第8時 肝臓と腎臓のはたらきを知る

Ⅳ 植物のからだのはたらき
単元のはじめに
第1~2時 植物の葉にでんぷんがあることを知る
第3時 日光が当たっていない葉にでんぷんはあるか
第4時 他の植物の葉にはでんぷんがあるか
第5時 植物は取り入れた水をどこから出しているか
第6時 吸収された水は植物のどこを通るのか
第7時 水は植物のどこを通って葉までいくのかを調べる
第8時 水が蒸発していくところを観察する

Ⅴ 生き物のくらしとかんきょう
単元のはじめに
第1時 植物は酸素をつくり出しているか
第2時 生き物がどんな物を食べているかを考える
第3時 食べ物のもとは何かを考える
第4時 食物連鎖を知る

Ⅵ 月と太陽
単元のはじめに
第1時 月の見え方を予想する
第2時 月の位置が変わったのはなぜか
第3時 月の動きによって見え方はどう変わるか
第4時 太陽の表面と月の表面が異なることを知る
第5時 学習のまとめを行う

Ⅶ 土地のつくりと変化
単元のはじめに
第1~2時 ミニ地層の観察
第3時 地層をつくる
第4時 水のはたらきでできた岩石を観察する
第5時 火山でできた地層を知る
第6時 火山灰の粒を解剖顕微鏡で観察する
第7~8時 地震によって大地が変化することを知る
第9時 火山の噴火によって大地が変化することを知る
第10時 露頭の観察に行く

Ⅷ てこの規則性
単元のはじめに
第1時 てこを使って砂袋を持ち上げる
第2時 いちばん重く感じる持ち上げ方を探す
第3時 てこのきまりを見つける
第4時 てこのきまりを式で表現する
第5時 てんびんで重さ比べを行う
第6時 左右対称でないものはつり合うか
第7時 てこの原理をさらに追究する
第8時 てこの原理をさらに追究するⅡ
第9時 身のまわりの道具でてこの原理を探る
第10時 学習したことをノートにまとめる

Ⅸ 水溶液の性質
単元のはじめに
第1時 水溶液には気体が溶けているものもあることを知る
第2~3時 酸性・中性・アルカリ性を知る
第4時 紫キャベツで水溶液の性質を調べる
第5時 塩酸とアンモニア水を調べる
第6時 金属を溶かす実験を行う
第7~8時 溶けた金属は元の金属と同じか
第9~10時 6つの未知の液体を判定する

Ⅹ 電気の利用
単元のはじめに
第1時 磁石の力から電気が生まれることを知る
第2~3時 手回し発電機を使っていろいろ試してみよう
第4~5時 発見した疑問を追究する
第6時 発電機をさらに詳しく調べる
第7時 意見の食い違いを解決する
第8時 つくった電気をためて使おう
第9時 発光ダイオードと豆電球はどちらが省エネか?
第10時 電気を熱に変えよう
第11時 光電池を使って電気を生み出そう
第12~14時 電気を利用したプログラミングを考える

Ⅺ 人と環境
単元のはじめに
第1時 空気の汚れを防ぐ取り組みを知る
第2時 森林を守る取り組みを知る
第3時 水の汚れを防ぐ取り組みを知る
第4~5時 環境を守る取り組みを調べる

ご購入方法

ご購入希望の際は,お近くの書店にご注文下さい。
また,この本は,下記のオンライン書店でもご購入いただけます。
送料・お支払い方法等につきましては,各オンライン書店のホームページをご参照下さい。

  • 注文先リンク(amazon)
  • 注文先リンク(kinokuniya)
  • 注文先リンク(bk1)