ホーム > 一般書籍・教材 > 一般書籍 > 道徳教育 > 「考え、議論する道徳」の指導法と評価

「考え、議論する道徳」の指導法と評価

9784316804477.jpg

「考え、議論する道徳」の指導法と評価

  • 西野真由美・鈴木明雄・貝塚茂樹 編
  • B5判 208頁
  • 2017年3月 発行
  • ISBN 978-4-316-80447-7
  • 定価 (税込) 2,640円(本体 2,400円+税)

商品内容

多様で効果的な指導法をどう取り入れる? 評価はどうすればよい? 
……主体的・対話的で深い学びを実現するための授業と評価の先進事例を,豊富に紹介!

目次

【序章 道徳科の設置と「考え、議論する道徳」】

【第Ⅰ部 「考え、議論する道徳」の指導法】
■1.読み物教材の登場人物の自我関与が中心の学習
[実践例1]シャープな発問と揺さぶりの発問で「考え」を深める
[実践例2]輝きを失わない人の生き方に迫る学びを
[実践例3]自由な集団での話し合いから「行為を支えるもの」に向き合う
[実践例4]役割演技を通して、自分事として体感する

■2.問題解決的な学習
[実践例5]「問題解決的・協同的な学び」がつくる、自ら考え、他と議論する授業
[実践例6]子どもの「問い」による「探究の対話」で学ぶ
[実践例7]考え・議論する授業で道徳的態度を深く学ぶ
[実践例8]スモールステップを用い、「気持ち柱」で交流する
[実践例9]単元学習で価値について多面的・多角的に考える

■3.道徳的行為に関する体験的な学習
[実践例10]体験の積み上げから実感を伴った道徳的価値理解で行動につなぐ
[実践例11]道徳的気付きを生むアサーション活動を取り入れた学習
[実践例12]内面と行為を響き合わせ、情報モラルを育む

【第Ⅱ部 「考え、議論する道徳」の評価】
■1.おおくくりの評価に向けた授業評価
[事例1]変容を見取る学習活動を設定する

■2.記録を蓄積して評価する―通知表・指導要録における評価に向けて―
[事例2] 学習に向かう姿の累積から子どものよさと成長を見取る
[事例3] 記録の蓄積から変容を見取る ―エピソード記録の活用―
[事例4] 自己評価から成長の「転機」を見取る
[事例5] 生徒によるポートフォリオ評価を授業と評価に生かす

■3.子どもとともに創る評価へ

ご購入方法

ご購入希望の際は,お近くの書店にご注文下さい。
また,この本は,下記のオンライン書店でもご購入いただけます。
送料・お支払い方法等につきましては,各オンライン書店のホームページをご参照下さい。

  • 注文先リンク(amazon)
  • 注文先リンク(kinokuniya)
  • 注文先リンク(bk1)