メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

ホーム > 道徳 > 内容の特色 > ユニバーサルデザインへの配慮

ユニバーサルデザインへの配慮

誰にとっても使いやすく, わかりやすい教科書にするために,さまざまな工夫や教育的配慮をしています。

視認性を高めて,紙面でもデジタル教科書でも見やすいフォントに

文字の「曲がり」や「結び」が大きくなり, 視認性がアップ。

線の抑揚を抑え,空間を広くすることで, 判読性が向上。

本文で使用しているフォントは,筆順や字形が認識しやすい教科書体フォントですが,さらに,一つ一つの文字の構成要素がわかりやすく,誤読されにくいユニバーサルデザインに配慮したフォントに変更しました。
これにより,教科書紙面でもデジタル教科書でもはっきり文字を認識することができます。
また,文字の大きさは,児童の発達段階を考慮してできるだけ大きくしました。

カラーユニバーサルデザインに配慮し,判別しやすい色彩に

CUDマーク

色覚の個人差を問わず,より多くの人に見やすいカラーユニバーサルデザインに配慮しています。
色覚の特性をふまえて,紙面のデザインやイラスト,図版などは,判別しやすい配色や表現方法を採用しました。
全学年・全ページ,専門機関による審査を受けて,認証マークを取得しています。

分かち書きは,読み誤りを防ぎ,意味を捉えやすく

分かち書き

低学年では,読み誤りがなく,言葉のまとまりがわかりやすいように,2年の7月末教材までを分かち書き,文節改行で表しました。
また,分かち書き終了後も6教材で文節改行を行い,段階的に表記を変え,読みの負担が軽減されています。

人権上の配慮

人権について考える教材を設け,人権を尊重する態度が養えるように工夫しています。
また,教材文中の登場人物やキャラクター,写真・イラストなどについても,性別の偏りがないように配慮しました。
人種や身体的特徴,障がいの有無にかかわらず,お互いの個性やよさを認め合い,ともに学び,生活していくための態度を養います。

パラリンアートを応援しています

パラリンアート イラスト1

パラリンアート イラスト2

パラリンアート イラスト3

全学年に,障がいのある人が描いた絵を掲載し,パラリンアートの活動を応援しています(裏表紙裏)。