ホーム > 一般書籍・教材 > 一般書籍 > 特別支援教育 > 特別支援教育コーディネーターの役割と連携の実際

特別支援教育コーディネーターの役割と連携の実際

特別支援教育コーディネーターの役割表紙

特別支援教育ライブラリー 特別支援教育コーディネーターの役割と連携の実際 教育のユニバーサルデザインを求めて

  • 企画日本リハビリテーション連携科学学会 教育支援研究会
  • 香川邦生・大内 進編
  • A5判 並製 224頁
  • 2012年12月 発行
  • ISBN 978-4-316-80364-7
  • 定価 (税込) 2,420円(本体 2,200円+税)
  • 読者対象:小・中・高等学校教師,特別支援学校教師

商品内容

特別支援教育コーディネーターの役割を解説し、小・中・高等学校及び特別支援学校での実践事例を紹介。

目次

第1章 特別支援教育への移行とその意義

1 特殊教育から特別支援教育へ移行の背景
 (1) 新たなシステム構築に向けて
 (2) 障害児教育改革の背景
2 特別支援教育の構造と対象者数の拡大
 (1) 場の教育からニーズに応じた教育へ
 (2) 対象児童生徒数の拡大
3 特別支援教育を支えるツールと個別の教育支援計画
 (1) 個別の教育支援計画が求められる背景
 (2) 連携の必要性とそれを支えるツール
 (3) 個別の教育支援計画への期待
 (4) 長期的視点からみた目標の捉え方
 (5) 個別の教育支援計画と個別の指導計画との違い
4 今後の特別支援教育における重要な視点
 (1) 重要な3つのキーワード
 (2) 多様な教育の場の設定
 (3) 適切な教育の場の選択
 (4) 柔軟な教育の場の変更
5 特別支援教育とノーマライゼーション
 (1) 共に生きる社会の実現
 (2) 教育の場におけるインクルージョン
 (3) 教育における課程主義
 (4) インクルーシブ教育システムの捉え方
 (5) 3つの「助」の重要性
 (6) 共に生きる社会は多様性を認め合う社会
6 全ての児童生徒の特別な教育的ニーズへの貢献
 (1) 特別な教育的ニーズを有するのは障害児のみではない
 (2) 調査にみる小学校の特別支援教育対象の実態


第2章 特別支援教育推進の鍵を握る連携

1 特別支援教育における連携の構造
 (1) 連携の重要性が浮かび上がった背景
 (2) 連携のための3つのツール
 (3) トップダウンとボトムアップの促進システム
 (4) 特別支援連携協議会の主な役割
 (5) 各学校における実態把握から支援体制への筋道
2 特別支援学校のセンター的役割
 (1) センター的役割推進の重要性
 (2) センター的機能の具体的役割
 (3) ますます大切になる教員の専門性
 (4) 時代の変化に対応した教員の専門性
 (5) 大切にすべき不易な専門性
3 学校あげて取り組むべき体制の整備
 (1) 管理職のリーダーシップと教職員の意識改革
 (2) ケース会議の開催
4 特別支援教育推進のための連携の諸課題
 (1) 連携とは何か
 (2) チーム・マネジメントモデルと連携
 (3) 連携において重要ないくつかの課題


第3章 特別支援教育コーディネーターの役割

1 特別支援教育コーディネーターの現状
 (1) 校内支援体制づくりと特別支援教育コーディネーター
 (2) コーディネーターの位置づけ
2 小・中学校等のコーディネーターに求められている役割
 (1) 小・中学校等におけるコーディネーターの指名
 (2) 「窓口的役割」「連絡調整役」としてのコーディネーター
 (3) 小・中学校等のコーディネーターが視野に入れるべき内容
 (4) 担任のコーディネーター依存と責任回避の課題
3 特別支援学校に位置づけられているコーディネーターの役割
 (1) 特別支援学校におけるコーディネーターの指名
 (2) 特別支援学校のコーディネーターに求められている役割
 (3) 中心的役割としてのセンター的機能の充実
 (4) 障害特性に応じた支援とコーディネーターの役割
4 コーディネーターに求められる大切な全般的事項
 (1) 最も大切なコーディネーターの調整機能
 (2) コーディネーターの資質
 (3) コーディネーターに求められるその他の視点


第4章 特別支援教育コーディネーターの資質能力と養成研修

1 特別支援教育コーディネーター養成研修の現状と課題
 (1) 抜本的な教員養成研修見直しの必要性
 (2) 特別支援教育コーディネーター養成研修の現状
 (3) F自治体における特別支援教育コーディネーター養成研修
 (4) 特別支援教育コーディネーター養成研修の課題
2 特別支援教育コーディネーターに求められる知識・技能
 (1) アセスメント
 (2) コンサルテーション
 (3) ケースマネジメント
 (4) コミュニケーション
 (5) カウンセリングマインド
 (6) ファシリテーション技法を用いた会議の進め方
 (7) 資源の活用と開発
 (8) ネットワーキング
 (9) 理解啓発活動
 (10) 法令・制度の理解
 (11) 人権擁護・個人情報保護
 (12) 個別の教育支援計画の作成のためのコーディネート

第5章 特別支援学校におけるコーディネーターの実践

1 センター的機能の充実とコーディネーターの役割
 (1) 学校の概要
 (2) コーディネーターの位置づけと役割
 (3) センター的機能とコーディネーター
 (4) 継続的にセンター的役割を果たしている事例
2 特別支援学校のセンター的機能と地域支援
 (1) 学校の概要
 (2) コーディネーターの位置づけと役割
 (3) 小・中学校等のコーディネーターに対する研修
 (4) これまでの実践を通して感じる課題
3 総合的な視点からみた教育的ニーズへの対応
 (1) 学校の概要
 (2) コーディネーターの位置づけと役割
 (3) 具体的な支援におけるコーディネーターの役割の事例
 (4) おわりに

第6章 小・中・高等学校におけるコーディネーターの実践

1 小学校の事例(1)――校内委員会・校内職員間の連携を中心に
 (1) 学校の概要
 (2) コーディネーターの位置づけ
 (3) コーディネーターの具体的活動
 (4) 校内委員会の構成と役割
 (5) 校内の教員間連携
 (6) 支援員等の導入とその具体的活動
 (7) 個別の指導計画や個別の教育支援計画の作成と活用等
 (8) 特別支援教育充実のために思うこと
2 小学校の事例(2)
  ――巡回相談員からみたA小学校のコーディネーター
 (1) A小学校の概要
 (2) 巡回相談日までの流れ
 (3) 巡回相談日のスケジュールと内容
 (4) A小学校のコーディネーター
3 中学校の事例(1)――構造化による幅広い支援を目指して
 (1) M中学校の概要
 (2) 支援体制
 (3) 支援の課題
 (4) F子の支援事例
 (5) ま と め
4 中学校の事例(2)――校内委員会の活動を中心に
 (1) 学校の概要
 (2) コーディネーターの位置づけ
 (3) コーディネーターの具体的活動
 (4) 校内委員会の構成と役割
 (5) N中学校におけるこれまでの取り組みと成果
 (6) 特別支援教育充実のための課題
5 高等学校の事例(1)――3段階の教育的支援を取り入れた実践
 (1) 学校の概要
 (2) コーディネーターの位置づけ
 (3) コーディネーターの具体的活動
 (4) 特徴的な支援
 (5) 事 例
 (6) 特別支援教育充実のための課題
6 高等学校の事例(2)――全ての生徒に「分かる」授業の展開を目指す
 (1) 学校の概要
 (2) 特別支援教育コーディネーターの位置づけ
 (3) コーディネーターの具体的活動
 (4) その他特色ある活動
 (5) 障害者手帳取得と進路指導
 (6) 特別支援教育充実のための課題

ご購入方法

ご購入希望の際は,お近くの書店にご注文下さい。
また,この本は,下記のオンライン書店でもご購入いただけます。
送料・お支払い方法等につきましては,各オンライン書店のホームページをご参照下さい。

  • 注文先リンク(amazon)
  • 注文先リンク(kinokuniya)
  • 注文先リンク(bk1)