ホーム > みらい授業フォーラム > ICT教育 > 提言「はじめてのGIGAスクール実践」(前編)

提言「はじめてのGIGAスクール実践」(前編)

東京学芸大学准教授 高橋たかはし じゅん

  • 1

東京学芸大学教育学部・准教授 博士(工学)。総合教育科学系教育学講座学校教育学分野に所属。独立行政法人教職員支援機構客員フェロー(2020年~)。教育工学,教育方法学,教育の情報化に関する研究に従事。中央教育審議会臨時委員(初等中等教育分科会)(2019年~),文部科学省「教育の情報化に関する手引」作成検討会委員(2019年),文部科学省「教育データの利活用に関する有識者会議」委員(2020年),文部科学省「学校業務改善アドバイザー」(2017~2019年)等を歴任。

1. なぜ「GIGAスクール構想」なのか

GIGAスクール構想によるICT環境整備は,コロナ禍のために3年の計画が1年に短縮されました。リモート授業やPCの持ち帰りが繰り返し話題になったこともあり,「コロナ禍に対応するためにGIGAスクール構想が行われている」と感じる先生がたもいらっしゃるかもしれません。しかし,これはコロナ禍以前からの計画です。ここで,改めて背景を振り返ることを通して,実践への見通しをもちたいと思います。

GIGAスクール構想の背景としては,

・新学習指導要領への対応

・ICT環境整備の自治体間での格差の解消

が,主にあげられると思います。

新学習指導要領の総則において,情報活用能力が言語能力と同様に「学習の基盤となる資質・能力」と位置付けられたり,各教科の目標・内容等でも,さまざまな箇所にICT活用が前提となる記述が見られたりしています。これらは,世の中が,素手のみで仕事をするのではなく,ICTも上手に活用して仕事をするようになったことと対応しています。

それ以外に,なぜこうした記述が新学習指導要領で必要になるかといえば,わが国は,さまざまな国際調査において,ICT活用が含まれると低位になることがあげられるでしょう。例えば,OECDの国際成人力調査という成人を対象とする学力調査(2011〜2012年実施)によれば,日本は「読解力」や「数的思考力」は1位ですが,「ITを活用した問題解決能力」となると10位です。また,同じくOECDによる生徒の学習到達度調査(PISA)の2018年調査では,「読解力」の得点・順位が有意に低下しましたが,この理由の一つに,コンピュータを利用したテストであったことがあげられています。

つまりわが国は,大人も子どもも,鉛筆と紙を使うのであれば負けないけれども,ICTを使うと負けてしまう,ICTという道具を上手に使えていない,という状態になっているのです。

ICTが上手に使えないというのは,そもそも環境整備が充分ではなく,自治体間で格差があるという問題にも起因します。学校のICT環境整備は,地方自治体の責任において整備が行われることとなっています。しかし整備状況には都道府県によって差があり,教育用コンピュータ1台あたりの児童生徒数は,1.8人から6.6人までと開きがあります(2020年3月文部科学省調査)。これは小・中学校も含めた数値ですが,義務教育としては心配になるほどの地域間格差があり,新学習指導要領の総則においても「コンピュータや情報通信ネットワークなどの情報手段を活用するために必要な環境を整え」と記述されるに至っています。教育目標などを記述する学習指導要領にあって,ICT環境整備に言及されるというのは異例ともいえ,強い危機感の表れであったと思います。

2

それらに対応し,平成30(2018)年6月「第3期教育振興基本計画」において,「学習者用コンピューターを3クラスに1クラス分程度整備」といった目標が示されました。続いて,令和元(2019)年6月「新時代の学びを支える先端技術活用推進方策」において,海外の事例を引用しつつ,1台あたり300ドル以下という安価なクラウドベースの端末の活用が有力な選択肢として示されました。つまり,これまでに学校現場で整備されていた端末1台分の費用で3台まかなえるのではないか,そうすると「一人一台」が実現できるのではないか,という新しい道筋が見えました。そして令和元年12月,GIGAスクール構想を含む「安心と成長の未来を拓く総合経済対策」が閣議決定されたのです。

このような経緯を考えれば,GIGAスクール構想では,Society 5.0への対応や,個別最適化学習にふさわしい環境づくりなどがあげられているものの,その本質は,新学習指導要領のいっそう高度な実現であると考えることができるといえます。

令和3年1月の中央教育審議会答申(「令和の日本型学校教育」の構築を目指して)においても,「新学習指導要領の着実な実施」と示されています。そのアプローチの方法として「ICT活用」「個別最適な学び」「協働的な学び」等があるのだと整理すると,わかりやすいでしょう。

2.成功のカギは「クラウドをいかに活用するか」

実践するにあたり,GIGAスクール構想では,どのような特徴をもつICT環境が整備されるのかを知る必要があるでしょう。

コンピュータは,多くのケースで1台4.5万円ほどの端末が整備されました。ソフトウェアも含めてこの価格です。ふだんの感覚で使おうとすれば,起動するだけで時間がかかり,動作が遅すぎて授業にならないと思うかもしれません。

以前,文部科学省の担当者がGIGAスクール構想について講演した際,「GIGAスクール:全く新しいICT環境」と見出しのついた資料が提示されていました。これまでも学校のICT環境整備の動きはあったかと思いますが,今回は「全く新しい」と考えることが必要です。何が新しいかといえば,「クラウド」を活用することが「全く新しい」のです。

クラウドの活用を前提に,安価なコンピュータが整備されていますので,これまでのICT活用イメージと全く発想が異なることが多くあります。もう進化のしようがないと思っていたワープロソフトですらクラウド型になり,共同編集など活用のイメージが変化して,驚きと新鮮さを与えています。私自身も,クラウド活用が始まってから研究スピードが上がりました。

3

導入される端末のOS(オペレーティングシステム:コンピュータ全体を制御して使いやすくするシステム)はどうなるでしょうか。全国1,512の教育委員会への調査結果(MM総研 2021年1月)によれば,Google Chrome OSが43.8%,iPad OSが28.2%,Microsoft Windowsが28.1%と,わずかな差とはいえ,これまで100%近かったWindowsが最下位となっています。実際には,各OS上でどのクラウドサービスを活用するかが重要になりますが,その利用状況をみると,Google Workspace for Education(旧G Suite)が54.4%,Microsoft 365が38.4%になっています。つまり,多くの先生がたにとっては,あまり使った経験のないOSやクラウドサービスを活用することになります。また,使い慣れたWordなどが使えるMicrosoft 365が導入されたとしても,クラウドで使おうと思えば,操作イメージは異なる点も多々ありますので,結局,多くの先生がたにとっては新しいチャレンジになることと思います。

クラウドサービスといえば,Webメールのやりとりやデータの保管をイメージするかもしれませんが,クラウドの本丸は,データやスケジュール等の共有,共同編集などになります。しかし,388名の先生がたに調査した結果によると,まだまだ多くの先生は,プライベートでもこうした活用をしたことがない状態です(表1)。これらの機能に,まずは先生が慣れていくことが重要ですし,さまざまな研修の場でも積極的にクラウドの活用を取り上げていく必要があるといえるでしょう。

表1 教員が利用しているクラウドサービス(登本・高橋 2020)

選択肢 回答数 (%)
Webメール/Gmail,iCloudメール,Yahoo!メール,Exchange Online など 298 (76.8)
データの保管/Googleドライブ,OneDrive,iCloud Drive など 223 (57.5)
データの共有/Googleドライブ,OneDrive,iCloud Drive,Dropbox,Amazon Drive などを使った友達や教員などとのデータの共有 136 (35.1)
オンラインでの共同編集/Googleドキュメント,Googleスプレッドシート,Googleスライド,Word,Excel,PowerPoint,Pages,Numbers,Keynote などを使っての共同編集 103 (26.5)
スケジュールの共有/Googleカレンダー,iCloudカレンダー,Outlookカレンダー,TimeTree などを使った部活・サークル活動,友達,家族,教員などとのスケジュールの共有 99 (25.5)
ビデオ会議/zoom,Google Meet,Microsoft Teams,Cisco Webex Meetings など 173 (44.6)
上記のサービスを利用したことがない 27 (7.0)
わからない 17 (4.4)

クラウドは,インターネットの先にあるGoogleやMicrosoftなどのサーバに接続して,ワープロや表計算のソフトを使うという仕組みです。学校でも家でも,端末が変わっても,スマホでも,続きから入力作業ができます。本来の意味でのクラウドサービスであれば,アプリやソフトのインストールは不要で,Web上で動作しますし,そのつどダウンロードされますので,最新のサービスを常に活用することができます。次々と新しくなり,ボタンの位置や形が変わるのはよくあることですので,臨機応変に操作を覚えていくことが求められます。

インターネット上のサーバにデータを保存するのが心配と思う先生がたもいるかもしれません。これは,お金に例えれば,タンス預金なのか,銀行に預けるのかということと似ています。タンスにしまうよりも,プロが最新セキュリティで守ってくれている銀行を使う人が多いように,パソコン上のデータもプロに預ける時代になりつつあるといえます。ただし,あらゆるコンピュータがインターネットに接続していますので,個人の端末でもクラウド上でも,操作をまちがえればあっというまにデータが世界中に拡散します。データの取り扱い,誤操作などに留意が必要なことには変わりありません。

学校だけでなく企業などにおいても,世界的にクラウドの活用が始まっています。大きな変化ですので,ある意味では,これから取り組む地域にチャンスがあります。これまでにICT活用の蓄積がある地域では,いったん立ち止まってクラウド活用のイメージをしっかりとつかみ,必要であれば従来の実践ノウハウを見直す必要があります。

4

▶ 提言「はじめてのGIGAスクール実践」(中編)へ