ホーム > 特集 > ESDとSDGs > 第4章 子どもの学びに火をつける ―主体的・対話的で深い学び

第4章 子どもの学びに火をつける ―主体的・対話的で深い学び

主体的な学習過程づくりの要点

単元展開表をどのように作ったらいいか。基本的には,四つの学習の過程があり,二つの特徴がある。一つは,問題解決の「学びに火をつける」から「伝え合う」までのサイクルが二段になっている,もう一つは,総合的な学習の時間の指導計画なのに,その中に,社会や国語,道徳などの教科等の指導が入っている。

主体的・対話的な学習過程 

p025-01
この図版のファイル名とデータ形式

 P108-109-00c.png▶画像ファイル
 

画像またはファイル名をクリックすると,詳細ページへ移動します。
 


総合的な学習の時間 第3学年 指導計画 「発見!わたしたちの町のたからもの」

p025-01
この図版のファイル名とデータ形式

 P112-113-01-00c.png▶画像ファイル
 

画像またはファイル名をクリックすると,詳細ページへ移動します。
 

この画像の元資料データは,八名川小学校のホームページからダウンロードできます。

八名川小学校のホームページへ▶

◀『学校発・ESDの学び』連動サイトのトップへもどる