ホーム > 特集 > ESDとSDGs > 第4章 子どもの学びに火をつける ―主体的・対話的で深い学び

第4章 子どもの学びに火をつける ―主体的・対話的で深い学び

自己内対話と他者との対話 ―学習過程を踏まえて

本校では,多田孝志先生のご指導をいただき,従来から授業における対話の重要性に着目してきた。それは,ただ話し合いの仕方を工夫するだけでなく,主体的・問題解決的な学習過程という大きな流れを定め,その各場面に即した対話のあり方を工夫するというものだ。

主体的な学び・対話的な学び 

p025-01
この図版のファイル名とデータ形式

 P126-01-10g.jpg▶画像ファイル
 

画像またはファイル名をクリックすると,詳細ページへ移動します。
 


◀『学校発・ESDの学び』連動サイトのトップへもどる